Blog&column
ブログ・コラム

の換毛期の対策はどうすべき?

query_builder 2023/08/02
コラム
50
は毛で覆われた動物のため、を飼ったことがある、を飼っている人なら抜け毛に悩まされたことがあるはずです。
その中でも換毛期と呼ばれる時期は通常よりたくさん毛が抜けてしまう時期です。
掃除をしてもどんどん抜けてきますが、どのように対策をすればいいのでしょうか。

抜け毛の適切な対策方法は?
が掃除機を嫌がり思うように掃除が進まないこともあるでしょう。
しかし、抜け毛をそのままにしていると、アレルギーの症状が出てしまう事があります。
抜け毛の適切な対策を見ていきましょう。

抜け毛する種としない種がいる
長毛種、短毛種といったふうにと言ってもいくつかの区分に分かれますが、長毛種だから必ず抜け毛がすごい、というわけではありません。
が暮らしている生活環境によっては抜け毛の量にも個体差が出てきます。
外に行くですと室内との寒暖差がすごいですが、完全室内で飼われているは寒暖差がそこまでないため換毛期がずれたり激しくない場合があります。
一年を通じて適切な温度環境に暮らすであれば、そこまで激しい抜け毛の心配はなさそうです。

抜け毛が激しくなる前にやるべきこと
換毛期の時期にそこまで激しく抜け毛が出なくても、普段から毛並みのケアをすることが大切です。
飼い主は、ハウスダストアレルギーを引き起こす恐れがありますし、は皮膚炎や喘息といった病気になってしまう可能性があります。
以下のような対策が効果的です。

①ブラッシング
は自分の体を舐めてブラッシングします。
その際、抜け毛がすごいと大量の毛を体内に取り込んでしまい吐いてしまう頻度が増えてしまいます。
が毛玉を吐くこと自体は問題ありませんが、量が多いと吐けなくなってしまい体内にたまってしまう恐れがあります。

②夏の間はサマーカット
サマーカットは長毛種、短毛種関係なくしておくと皮膚炎などの病気を防げます。
長毛種のですとサマーカットをすることにより抜け毛の頻度も落ち着くと言われています。
サマーカットは地肌が見えない程度にしておきましょう。
やりすぎてしまうと逆に皮膚病になりやすくなりますので、専門のペットショップなどで切ってもらうのが安心です。

③長毛種のは月1でシャンプー
長毛種のは毛自体が長いため、月1程度でいいのでシャンプーで毛に絡まった毛を洗ってあげるといいでしょう。
ただしは水が嫌いなことが多いため、暴れてしまうことがあります。
に負担がかからないよう無理はしないようにしましょう。

▼まとめ
の換毛期は、抜け毛が多く大変ですが、対策を行うことで負担を軽減することができます。
日常のブラッシングやサマーカット・定期的なシャンプーなど実施してみてくださいね。
当サロンでは、犬やのトリミングに対応しております。
ペットに負担のかからないケアを行いますので、ぜひお問い合わせください。

NEW

  • のトリミングと毛玉、抜け毛対策

    query_builder 2022/03/11
  • 江東区でシニア犬のトリミングなら【Queens spa】まで!!

    query_builder 2022/03/11
  • 涙やけの原因と対策について

    query_builder 2024/01/01
  • の毛玉どうしてる?正しいほぐし方を知って綺麗な毛並みに

    query_builder 2023/12/03
  • の毛割れの原因は?長毛種に多い毛割れの理由と対策について

    query_builder 2023/11/05

CATEGORY

ARCHIVE