Blog&column
ブログ・コラム

犬の毛玉の取り方

query_builder 2022/11/15
コラム
38
愛犬に毛玉ができやすくて困っていませんか。
「痛みなく毛玉を取り除いてあげたい」と思っている飼い主さんもいらっしゃいますよね。
この記事では、毛玉ができる原因と取り方についてお話しいたします。

▼犬の毛玉はなぜできるのか
毛玉ができる原因は、犬によってさまざまです。
しかし、多くの場合は、以下のような原因が関係しています。

・ブラッシング不足
シャンプー不足
シャンプー後のブロー不足
・毛の摩耗 など

■毛玉の取り方(手順)
毛玉が出来ている時は、絡まりが酷くなる前に早めに対処してあげましょう。
毛玉の取り方の手順は、以下の通りです。

①毛玉の先からほぐす
毛玉と皮膚の間を指で押さえ、毛先から少しずつ絡まりをほぐしていきましょう。

②毛玉取り用ローションをつける
絡まりが酷い時は、犬が痛がらないよう「毛玉取り用ローション」を毛に吹きかけて毛玉をほぐします。

③はさみを入れる
ローションを付けても毛玉が解消できない場合は、はさみで毛玉に切り目をいれるとほぐれやすくなります。
毛の流れに対して2~3箇所はさみを入れるのがポイントですよ。

④ブラッシング
毛玉が取れたら、全体的にブラッシングを行い、毛玉の発生を防ぎましょう。

▼まとめ
毛玉ができる主な原因には、ブラッシング・シャンプー・ブローの不足などが関係しています。
無理して毛玉を取ろうとすると犬は痛がって暴れるので、毛先から優しく絡まりをほぐしてあげてくださいね。
Queen’s Spaでは、ペットと飼い主様の気持ちに寄り添った、丁寧な対応を心掛けております。
ペットの毛並みにお悩みであれば、ぜひお気軽にご相談ください。

NEW

  • のトリミングと毛玉、抜け毛対策

    query_builder 2022/03/11
  • 江東区でシニア犬のトリミングなら【Queens spa】まで!!

    query_builder 2022/03/11
  • 肉球周りの毛はカットした方がいい?

    query_builder 2023/02/01
  • 肛門腺絞りをしないと起きる病気とは

    query_builder 2023/01/15
  • 犬の肛門腺による臭いの原因と対策

    query_builder 2023/01/01

CATEGORY

ARCHIVE