Blog&column
ブログ・コラム

犬に多い皮膚トラブルとは?

query_builder 2022/10/01
コラム
35
犬に多い皮膚トラブルには、どのようなものがあるのでしょう。
初めて犬を飼った場合などは、犬の病気についても分からないことが多いものですよね。
この記事では、犬に多い皮膚トラブルについてお話しいたします。

▼よくある犬の皮膚トラブル
犬の皮膚は、弱アルカリ性で薄いため、細菌などの病原体が繁殖しやすい環境となっています。
よって、以下のような皮膚トラブルが起こりやすいのです。

■アレルギー性皮膚炎
アレルギー性皮膚炎とは、アレルギーの原因物質により、犬の体内の免疫機構が過剰に反応することで発症する皮膚炎のこと。
その原因の多くは、ハウスダストマイト(チリ・ダニ)です。
他にも、花粉やカビに対してアレルギー反応が起きている場合もあります。

■膿皮症(のうひしょう)
膿皮症とは、犬の皮膚の常在菌である「ブドウ球菌」が感染することで起こる皮膚病のこと。
皮膚の赤み・湿疹・フケ・かゆみ・脱毛などを引き起こします。

■脂漏症(しろうしょう)
脂漏症とは、皮脂の分泌が過剰になることで体臭がきつくなったり、抜け毛などが生じる皮膚病のこと。
逆に皮膚が乾燥し、フケやかさぶたが発生する場合もあります。
脂漏症の原因には、ホルモンの異常やマラセチア感染、皮膚の寄生虫感染などが挙げられます。

▼まとめ
よくある犬の皮膚トラブルには「アレルギー性皮膚炎」「膿皮症」「脂漏症」などがあります。
このような皮膚トラブルへの対処法には、アレルゲンを避ける・飲み薬(内服薬)を使用するといった方法があります。
また、シャンプーやブラッシングで、日ごろから皮膚の衛生環境を良好に保つことも大切ですよ。
正しいスキンケアで、デリケートな犬の肌を守ってあげましょう。

NEW

  • のトリミングと毛玉、抜け毛対策

    query_builder 2022/03/11
  • 江東区でシニア犬のトリミングなら【Queens spa】まで!!

    query_builder 2022/03/11
  • 犬の毛玉の取り方

    query_builder 2022/11/15
  • 犬の毛割れの原因と解決策

    query_builder 2022/11/01
  • 犬の毛並みが衰える原因とは?正しい被毛ケアの方法について

    query_builder 2022/10/15

CATEGORY

ARCHIVE