Blog&column
ブログ・コラム

犬の爪が伸びすぎるとどうなるの?

query_builder 2022/08/15
コラム
31
犬の爪はどれくらいの頻度で切ると良いのでしょう。
また、爪が伸びすぎるとどのような影響があるのかも気になりますよね。
この記事では、犬の爪処理の頻度と伸びすぎた場合の影響についてお話しいたします。

▼犬の爪切りの頻度
犬の爪は、基本的に月に1回を目安に切ると良いでしょう。

■外を散歩するかどうかで頻度は変わる
外を多く散歩すればするほど爪がすり減るので、爪きりの頻度が低くなります。
その逆に、外を歩かないで室内で過ごす時間が長い犬は、爪がすり減りにくいので爪が伸びやすいでしょう。

▼爪が伸びすぎるとどうなるのか
犬の爪が伸びすぎると、歩行への影響によりケガの危険性が高くなります。

■歩行への影響
爪が伸びすぎると、足裏の肉球が地面につきにくくなるため、スムーズな歩行が困難となります。
走った時にうまくバランスが取れず、滑って転倒する危険も増えるでしょう。

■肉球に刺さる
伸びた爪が肉球に刺さったり、歩行時に根元から折れて出血してしまうケースもあります。

■爪と同時に血管と神経も伸びる
犬の爪が長くなればなるほど、血管や神経も伸びてしまいます。
血管や神経が伸びた状態で爪を切ると、痛みや出血を伴ってしまうので注意が必要です。

▼まとめ
犬の爪を切る頻度は、基本的には月に1回が目安です。
爪が伸びすぎてしまうと、歩行中にバランスを崩しやすくなったり、爪が折れてケガをする恐れがあります。
また、爪と同時に血管と神経も伸びていくので、爪を短く切れなくなってしまいます。
大切なペットの健康を守るためにも、定期的に爪を切ってあげましょう。

NEW

  • のトリミングと毛玉、抜け毛対策

    query_builder 2022/03/11
  • 江東区でシニア犬のトリミングなら【Queens spa】まで!!

    query_builder 2022/03/11
  • 犬に多い皮膚トラブルとは?

    query_builder 2022/10/01
  • 犬の抜け毛が多い時の対策法

    query_builder 2022/09/15
  • 犬が肉球を舐めるのはどうして?

    query_builder 2022/09/01

CATEGORY

ARCHIVE