Blog&column
ブログ・コラム

犬の耳毛抜きが必要なケースとは?

query_builder 2022/08/08
コラム
30
愛犬の耳毛が多すぎて、耳のトラブルを心配している飼い主さんは多いと思います。
また、耳毛抜きが必要かどうかを判断できずに、困っている方もいるでしょう。
今回は、犬の耳毛によるトラブルと、耳毛抜きが必要なケースをお伝えいたします。

▼犬の耳毛によるトラブル
耳毛が多いと耳の中が蒸れやすくなるため、外耳炎などを発症しやすくなります。
だからと言って耳毛を処理しすぎると、かえって症状が悪化する場合もあるので注意が必要です。

■耳毛抜きが必要なケースとは
以下のような状況であれば、耳毛抜き、もしくは耳毛カットをしても良いでしょう。

・外耳炎を発症している
・耳垢が多く、臭っている
・耳のお手入れができないほど耳毛が多い
・耳の皮膚が炎症を起こしている

▼耳毛を抜く必要がないケースもある
犬が耳を痒がったりしている様子も無く、臭いや皮膚の赤みも見られない場合は、無理して耳毛を抜く必要はありません。
耳にトラブルが発生していないのに耳毛を抜いてしまうと、以下のようなトラブルが起こりやすくなるでしょう。

・耳毛を抜く刺激によって炎症が起こる
・外耳炎を引き起こしてしまう
・自浄作用のサイクルに異変が起きる

▼まとめ
耳毛によって外耳炎などのトラブルを繰り返している場合は、耳毛抜きもしくは耳毛カットをした方が良いでしょう。
しかし、耳毛によるトラブルが特になければ、無理して耳毛を抜く必要はありません。
犬の耳はとても繊細で敏感な部位なので、状態を見極めて慎重に対処していきましょう。

NEW

  • のトリミングと毛玉、抜け毛対策

    query_builder 2022/03/11
  • 江東区でシニア犬のトリミングなら【Queens spa】まで!!

    query_builder 2022/03/11
  • 犬に多い皮膚トラブルとは?

    query_builder 2022/10/01
  • 犬の抜け毛が多い時の対策法

    query_builder 2022/09/15
  • 犬が肉球を舐めるのはどうして?

    query_builder 2022/09/01

CATEGORY

ARCHIVE